児童教育学科

専門性としなやかな感性で
子どもの成長・発達を支える人材を育成します。

将来を担う子どもたちの成長、発達を支え、主体性と人間性、生きる力を育む保育士・教師は社会的に重要な専門職です。
豊かな教養と保育・初等教育の専門知識、価値観、技術を身につけ、愛情豊かに子どもたちを育む将来の保育士・幼稚園教諭・小学校教諭・児童厚生員などを養成します。

児童教育学科では、3つのコースから選んで学ぶことができます。
あなたに合うコースはどれ?

※児童教育学科心理教育コース・福祉教育コースは2年次前期からコースに分かれます。
コースには定員があります。 選択にあたっては、1年次後期に希望調査を行い、指導教員のもと学習意欲、適性を図り選考します。

取得を目指す免許状・資格

  • 小学校教諭二種免許状
  • 幼稚園教諭二種免許状(※1)
  • 保育士資格(※2)
  • ピアヘルパー受験資格
  • 幼稚園教諭二種免許状
  • 保育士資格
  • ピアヘルパー受験資格
  • 幼稚園教諭二種免許状
  • 保育士資格
  • 児童厚生二級指導員資格

    県内では沖女だけ!

(※1)…幼稚園免許を取得する場合、小学校教諭の免許を取得することが条件になります。
(※2)…卒業後に「科目等履修生」として複数の科目を夜間での講義を受講することで取得できます。

3つのポリシー

入学者受入の方針《アドミッション・ポリシー》

児童教育学科では、人間形成の初期段階に深いかかわりをもつ保育や初等教育等について、子どもの育ちの観点から連続性をもって学び、将来、保育及び教育の専門職を目指す人物を求めている。

  • ■ 保育者・教育者を目指し、地域社会の幸せのために積極的に行動し、貢献できる人。
  • ■ 子どもや子どもを取り巻く環境に強い関心を持ち、保育や教育等について学び、実践する高い志を持っている人。

カリキュラムマップ(到達目標)《ディプロマ・ポリシー》

建学の精神及び法令に基づき策定されたカリキュラムの単位を修得し、定めるところにより学位を授与する。

  1. ① 郷土に誇りを持ち、心豊かな感性を身につける。(心・郷土についての学びを強化)
  2. ② 保育者・教育者としての専門知識・価値・技術を身につける。(教職・保育)
  3. ③ 社会の変化に対応し、主体的に学び続ける力を身につける。(知・思考力・判断力・表現力)
  4. ④ 社会人としてのコミュニケーション能力を身につけ、協働できる力を身につける。(心・徳・体・結)

教育課程の編成・実施の方針《カリキュラム・ポリシー》

児童教育学科では、保育・教育の専門職としての愛情豊かな保育士、幼稚園教諭、小学校教諭、児童厚生二級指導員などを養成するため、以下の要件に沿ってカリキュラムを編成する。

  • ■ 各種免許、資格を取得するために必要と定められた教育課程について、適性にカリキュラムを編成する。
  • ■ 教育効果を高めるため、体系的に順序だてたカリキュラムを編成する。
  • ■ 学外の保育所、幼稚園、小学校等と連携し、実践的に学習できるカリキュラムを編成する。

豊かな心の成長を促す。
将来を担う子どもたちの主体性と豊かな人間性、生きる力を育むための保育・教育は社会的に重要であり、子どもたちの将来に大きな影響を及ぼすといえます。保育士・教師を目指す皆さんの人を大切にする心と豊かな感性の成長をサポートします。
幅広い視野を身につける。
子どもの成長、発達を支える保育士・教師は時代の変化とそれにともなう社会のニーズをとらえる幅広い視野が求められます。さまざまなことに興味・関心をもって学びを深め、チャレンジすることを力強くバックアップします。
より深い専門知識でプロの道へと導く。
保育や初等教育についてより深く専門的な知識や価値観、技術を身につけ、地域社会へ貢献しうる保育士や幼稚園教諭、小学校教諭、児童厚生員など、保育・初等教育のプロフェッショナルを養成します。

学科の取組み

教員試験合格へ向けてサポート

教員を目指す学生と卒業生が、一緒に学ぶ交流の場です。

教員候補者選考試験対策講座は小学校教員を目指す本学の学生と卒業生が対象の講座です。教育現場での課題や、沖縄県の教育課題について学び、教職教養、各教科の専門性を高めることを目的として開設されました。本学では、過去25年間で356名の学生が合格(2014年3月現在)し、学校現場で活躍しています。2012年度からは、市町村職員(幼稚園教諭・保育士)を目指す学生・卒業生を対象に教養試験、専門試験の対策を行う幼保・公務員対策講座も開講しています。講師陣は、本学教員と教育現場で活躍された先生方。学生一人ひとりの課題にも丁寧に対応しています。

  • 講師は実践力のあるスペシャリスト
  • 現職教員で活躍している先輩方の実践事例報告
  • 本学図書館、教室の開放
  • 教育資料や図書資料を揃え、卒業後も利用出来ます

2013年度合格実績

専任教員が担任

一人ひとりをしっかりサポート 専任教員によるクラス担任制

各学年のクラス毎に担任制を導入し、専任教員が入学から卒業まで一人ひとりの学生をサポートしています。履修カルテの記入を通して一人ひとりの学生の学習に関する状況を把握し、学生生活や進路に関する相談があれば面談を設定するなどのきめ細かい対応をしています。”教員と学生の距離が近い”ことも児童教育学科の魅力の1つです。

ボランティア活動

ボランティアで子どもたちと触れ合う

沖縄女子短期大学では、学生のボランティア活動を推進しています。そこで、多くの子どもたちと関わりあい、ふれあう機会をできるだけ多く持ち、大学での学びを実践の場に結びつけてもらいたいと考えています。本学は那覇市、南城市、豊見城市、糸満市、浦添市、八重瀬町、与那原町の教育委員会と提携しています。ボランティアを通して、学生としてのマナー、社会人としての心構え、教育実習に向けての動機付けを高める等、そして、なによりも子どもたちとの触れ合いの中から、子どもに対する理解を深めています。

ボランティア活動|初等教育コース

初等教育コース
小学校を中心としたボランティア活動。
ボランティア活動|心理教育コース・福祉教育コース

心理教育コース/福祉教育コース
保育園、幼稚園、児童館、施設へのボランティア活動。
講演会

現場の声を聞く!さまざまな講演会から学ぶ

保育士や教員を目指す学生は、保育園、幼稚園、小学校はもちろん、児童館や児童・障がい者の福祉施設などの多種多様な職場で実習体験をすることになります。実習前に現場をイメージし、少しでも不安を解決できるように、現役の保育者、小学校教諭、児童館や障がい者施設の支援員などの講演会を開催しています。各現場の様子、抱える課題や実習生に期待すること等をお話してくれます。本学の卒業生をお招きすることもあり、卒業生ならではの学生時代の話題や在学生へのメッセージもあります。

卒業後のサポート

卒業しても手厚くサポートするのが沖女です

学生との距離が近いのは卒業しても同じです。何年たっても気軽に足を運んで、就職や進路をはじめ、様々な個別の相談に対応しています。教員採用試験や公務員試験対策の講座は在学生とともに卒業生にも開かれており、二次試験対策も含めた個別支援も行われています。また、年に数回は社会人一年生の卒業生が集まれる場を設けています。